オンラインでコミュニケーションを深めよう

Zoomの参加人数が多い時の対処法4選

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ISD個性心理学マスターインストラクター講師:水野将寛 「自分と未来を創造できる人を育てる」を理念に、自分と相手の違いを認め受け入れる人間関係作りができる、コミュニケーションサポーターとして活動。 Zoomをうまく活用し、絆を深め心を繋げるサポートをします。

こんにちは、Zoomサポーターの水野です。

昨日、ISD個性心理学の講師と、Zoomで勉強会を開催しました。

あ、ISD個性心理学については、こちらのブログで書いてます。

参加者は、全国各地から集まり、約20名近くの会になりました。

大人数でZoomを開催(主催)する場合、Zoomが初めての人もいれば、まだ操作に慣れていない人もいます。

だから、そんな方でも楽しんでもらえるように、開始前から必ずフォローが必要になります。

大勢参加の場合、どんなことを事前にしておくと良いのかを、かんたんにまとめて見ました。

大人数でZoomを主催する場合にやっておきたいこと4選

1、Zoomのダウンロードを事前にしてもらう。

Zoomを初めて使う場合、主催者から送られてきたURLをクリックすれば、アプリのダウンロードも自動でやってくれるのが、Zoomの楽なところ。

でも、PCの動作環境だったり、アプリを取得するためのパスワードを忘れてしまったりすると、ミーティング開始時間に間に合わない場合があります。

なので、少しでもスムーズにスタートできるよう、Zoomのダウンロードは、事前にして貰っておきましょう!

事前ダウンロードは、キャリアによって異なるので、こちらをご参考ください。

●PCでダウンロードする場合

●携帯やタブレットでダウンロードする場合

2、名前を変更してもらう。

Zoomに参加することはできたけど、画面の出し方がわからない、音の出しかもわからない。

そういった参加者さんがいる場合、主催者の方は、どなたが参加しているかも分からなくなります。

Zoom参加画面に映る前に、名前を変更できる所があるのですが、それに気づかない方もいるからです。

ちなみに何も書かずに参加すると「i phone」とか表示される場合があります。

もし事前に名前の変更をしてもらっていれば、どの方が困っているのかが分かるので、直接電話したりメールしたりして、対応ができますよね。

名前の変更の仕方についても、あらかじめご案内しておくといいですよ。

3、音や映像の確認ができた人から音をミュートにする。

10〜20名ぐらいの規模になってくると、喋り声やノイズなどが、鳴り響いてしまうことがあります。

そこで、主催者又は補助役の人などが、まずは入室された方から順に、受付をするように、音や映像のチェックをされるといいですよ。

ホストになれば、手動で参加者さんの音声を、「オンオフ」の切り替えができるので、

確認が取れた方から「オフ」にし、開始時間になったら全員の音声を「オン」にし、スタートするとスムーズに進みます。

又、大勢の場合は、発言権のある方だけ数名を「オン」に切り替えてあげると、雑音も少なく、会話が聞きやすくなりますよ。

ホストは、自分以外全員の音声を、一斉に「オフ」にさせる機能などもあるので、うまく利用して見てくださいね。

4、よくある音声が出ないの対処法を伝えておく

音が繋がらないあるあるの、ダントツ第一位が、この記事の3つめの原因。

圧倒的第一位なので、口すっぱく言うこともあるのですが、取扱い説明書に「使用前に必ず読んでおいてください」と書いてあるのを見て、スルーしてしまう僕としては、すごく気持ちが分かるw

でも、だいたいがこれで解決するので、やっぱり伝えておくといいかもしれない。

以上で、Zoomを大人数で開始するまでに、事前に準備しておくと良い、水野のオススメ集でした。

この記事を書いている人 - WRITER -
ISD個性心理学マスターインストラクター講師:水野将寛 「自分と未来を創造できる人を育てる」を理念に、自分と相手の違いを認め受け入れる人間関係作りができる、コミュニケーションサポーターとして活動。 Zoomをうまく活用し、絆を深め心を繋げるサポートをします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 自宅で学べるZoomオンライン講座のつくり方 , 2017 All Rights Reserved.