ミーティングIDを入力してZoomに参加する方法

   

こんにちは、コミュニケーションサポーターの水野です。

Zoomに参加する場合には、二つの方法があります。

一つは、ホスト(開催者)が設定した、URLをクリックして参加する方法。

もう一つは、参加者がZoomのアプリを開き、ミーティングIDを直接入力する方法です。

正直、IDを直接入力するメリットは今の所感じられません(笑)

でも一応操作方法を書いておきますね。

ZoomのミーティングIDとは

http://zoom.us/j/〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇(9〜10桁の数字)

この約10桁の数字を、ミーティングIDと呼びます。

かんたんにいえば、部屋に入る為の共通の暗証番号のようなものです。

通常はこのリンクボタンを押せば、すぐにミーティングが開始されますが

IDを入力して参加する場合は以下の操作方法となります。

ミーティングIDを入力してZoomに参加する方法

まず、Zoomのアプリを立ち上げると、このような画面がでてきます。(写真はiPhone画面)

ミーティングに参加するというボタンを押すと、次のID入力画面へと移ります。

ここで赤枠の中に、先ほどの約10桁の数字のみを入力して下さい。

参加ボタンを押せば、ミーティング開始です。

こちらでは、以下の設定をする事ができます。

  • 名前の入力
  • オーディオ接続(音声のオンオフ)
  • ビデオカメラ機能のオンオフ

名前の入力

名前は、ミーティングに参加した時に表示されます。

こちらは、後で変更する事も可能です。

●Zoomミーティング中に名前を変更する方法(準備中)

オーディオ接続

はじめは、音声がオンでスタートする設定になっています。

緑の状態にすると、自分の音声が相手に聞こえない設定となります。

参加する時に、周りの騒音がうるさい時や、一方的に聞くだけのミーティングの時には、緑の状態にしておきまし

ビデオ設定

はじめは、自分の画面が見える状態でスタートする設定になっています。

恥ずかしがり屋さんは、ここをクリックして緑色にしましょう。

また、ミーティングIDではなく、会議室名で参加する事もできます。

ん〜、これもあまり使い道がない気もする(笑)

まとめ

結局のところ、名前や音声、ビデオのオンオフ全てが後から設定できるので、

ミーティングIDを、わざわざ手入力してまで参加するメリットがない気がしました。

という事で、ホスト(主催者)の皆さんは、必ずURL付きのミーティングIDを、参加者さんに送ってあげましょうね!

 - 未分類