ああ

自分を知って、相手を知る。たったこれだけで人間関係は面白くなる!

有松絞りと色彩心理学がコラボした”カラーラボ”開催してきました

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
家庭や職場のコミュニケーションをスムーズにするために、自分や相手の個性の違いを知り、認め育てあえる環境づくりをサポートしている、未来デザインディレクターの水野将寛です。15年間カフェを運営してきた経験をもとに、リアルなコミュニケーションだけでなく、Zoomを使ったオンラインでの環境づくりもサポートしています。

こんにちは、水野です。

昨日、カラーラボという、有松絞りの藤井先生とのコラボ企画を開催しました。

カラーラボは、生年月日から自分の個性を表すカラーを診断し、自分らしい色を見つけ有松絞りを体験するワークショップ。

12色の中から2色を選んで、混ぜ合わせたりもするんですが、この作業が一番悩むんですよね。

でも、そこが醍醐味でもあって、人が色を選ぶ時って、自分の感情や気分から、意識して選んでるようにみえて、実は無意識に選んでいたりもします。

もちろん、緑を選んだからといっても「癒されたい気分なんですね」と、そんな単純なものでもないわけで(笑)

Aさんが選んだ緑と、Bさんが選んだ緑とでは、意味だって変わってきます。

また、人に見せる自分と、本当の自分とでも個性の色って異なるんです。(中には同じ人もいますが)

周りからは、すごく頑張り屋さんに見られたりするから、

ついみんなの前では、それに応えようと、本当の自分を出せない時がでてしまい、なんだからしらないうちに疲れてしまう。

なんて事も、あるわけです。

でもそれは、無理をしてるわけでもなく、どちらも自分の個性。

「あ、どっちも自分なんだ」と、自分を知れば、もっと自分が好きになれるし、

「私はこれでいいんだ」って自分らしく生きられるんです。

カラーラボは、生年月日から、そういったあなたの色と個性を診断して、自分を知ってもらうワークショップなんです^ ^

また、次回開催の日程が決まりましたら、お知らせ致しますね!

7月7日までの、七夕キャンペーン限定企画もやっていますので、ご希望の方はお急ぎ下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
家庭や職場のコミュニケーションをスムーズにするために、自分や相手の個性の違いを知り、認め育てあえる環境づくりをサポートしている、未来デザインディレクターの水野将寛です。15年間カフェを運営してきた経験をもとに、リアルなコミュニケーションだけでなく、Zoomを使ったオンラインでの環境づくりもサポートしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 仕事も子育ても楽しくなる環境を創る , 2017 All Rights Reserved.